侵入を許してはいけないキーロガー

スパイウェアにもいくつか種類がありますが、圧倒的に被害が多いのはアドウェアでしょうか?

アドウェアとは、ユーザーが訪れるサイトを監視し、それに見合った広告をポップアップ表示させるもので、そういった一挙一動も配布元に送信されます。

いわゆるマーケティングの一つとも言えます。

厄介なのは無料ソフトをインストールする際に英語で「もしよかったら一緒にインストールしませんか?」という画面が表示されアドウェアも一緒にインストールされてしまうことです。

しっかりと利用規約を読みましょう。

最も厄介なのはキーロガーで、これはユーザーが入力した情報、マウスがクリックした情報を記録し、外部へ送信するものです。

たとえば、クレジットカードの暗証番号などが盗まれてしまうと大変なことになります。

元々、キーロガーはダイヤルアップがネットの主流だった頃に通信切断後、送信した内容を確認するために入力内容を記録するソフトでした。

これにより、ユーザーは少ない通信費でネット通信ができていたのですが、常時接続が常識の現在、廃れてしまったというわけです。
なので、本来は役立つはずのソフトが、使い方一つで深刻な被害をおよぼすというのは複雑な気持ちですね。
法人の場合、絶対に侵入を許してはいけないスパイウェアです。