ウイルスより非常に怖いスパイウェア

パソコンのセキュリティ対策として、真っ先に思い浮かぶのがウイルスですが、セキュリティソフトをインストールしていれば現在ではそれほど怖いものではありません。

新種でソフトの定義更新も行われる前に接触しないかぎり、ほぼ間違いなく検出されますし、その前に侵入を遮断するからです。

厄介なのはスパイウェアです。
十年以上前から社会問題になっていますが、侵入を許しやすい、駆除しにくいということは今も変わりないからです。

ウイルスがコンピューターを機能しないように悪さをするのに対し、スパイウェアは特に機能低下などが見られず、文字通りスパイとしてコンピューター内の個人情報を収集するため、発見も遅くセキュリティソフトも無料のものだと検知できないことがほとんどです